極真の精神


空手は武道である

べての武道は、いずれも厳しい自己修練を課し、その奥義を極めることによって自己の人格形成、すなわち人間としての正しい道を極めることを目指すものです。極真空手は、この武道本来の意味を全うすることを本義に置いています。また直接打撃制、無差別による実践的空手を通し、相手の痛みを知ることによって、人間本来のやさしさを知るという理念も、極真の信ずる道です。

極真の精神
極真とは、「千日をもって初心とし、万日をもって極みとする」という武道の格言から発した名称です。完成はないと言われるほどの、厳しく険しい武道の真髄を極める意です。極真会館に伝統的に受け継がれている精神である、「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す」とは、創始者である故大山倍達自身が、長年の厳しい修行人生の中で確立した極真精神です。また一方では、極真の挨拶「押忍」の精神には、尊敬、感謝、忍耐という精神があります。心身を錬磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる極真会館での修行が、実生活に活かされると信じます。

 道場訓
一.吾々は心身を錬磨し
  確固不抜の心技を極めること
一.吾々は武の神髄を極め
  機に発し感に敏なること
一.吾々は質実剛健を以て
  克己の精神を涵養すること
一.
吾々は礼節を重んじ長上を敬し
  粗暴の振舞いを慎むこと

一.吾々は神仏を尊び
  謙譲の美徳を忘れざること
一.吾々は知性と体力とを向上させ
  事に臨んで過たざること

一.吾々は生涯の修行を空手の道に通じ
  極真の道を全うすること